1か月無料で読み放題のKindleUnlimited
始め方・解約方法

「無頼伝 涯①(福本 伸行)」感想【KindleUnlimitedで1巻無料】

★★★★★

「無頼伝 涯①(福本 伸行)」感想【KindleUnlimitedで1巻無料】

無頼伝 涯① 福本 伸行

お勧め度:★★★★★

2019/03/28、KindleUnlimitedで読了。

こんな福本作品あるんですね!

 

 

KindleUnlimitedで漁るまで知らなかったです。

「見てろっ………! オレは必ず這い上がるっ…………!」資産家の老人を殺害した犯人に仕立て上げられた中学生・工藤涯(くどう・がい)が、自分の無実を証明するために闘っていくサスペンスアクション。

鳳臨グループの会長・平田隆鳳(ひらた・りゅうほう)を刺殺した容疑者として追われる工藤涯は、ビルの路地に追い込まれ、警部・安部(あべ)と対峙する。そこで涯は、自分ははめられたのだと告白するのだが……!?

涯がビルの路地に追い込まれる。

それは殺人犯として疑われているため。

周りにはたくさんの警察官。

圧倒的不利な涯。

 

しかし、涯はめちゃめちゃ強い。

前にいる警官6人は失明させられるほどの威力。

そこで、警官安部が、決死の説得。

 

結果、涯は投降するのであった。

 

 

いや~この圧倒的福本先生の世界観!

たまらないですね。

 

この後、刑事安部のダメっぷりが紹介されて、ひょんなことから「涯が冤罪であること」に気づく。

そして、涯に助けの手を与えるが、涯は拒否する。

 

脱獄するというのだ・・・

 

全編5編という短い作品で、しかしコアなファンが多いみたい。

一部のうわさでは、暗すぎて打ち切りになったとか。

しかし、やっぱり福本作品。

めちゃめちゃ面白いです。

 

こうしてKindleUnlimitedで、いろんな漫画の入り口を知れるのはやっぱり楽しいです。

 

KindleUnlimited公式サイト

KindleUnlimited1か月無料体験

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました